スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ(驚

とりあえず蛹化まで放置する事を決めていた元木WE最後の♂ですが、相変わらずカビ具合が酷くて瓶をヒョイっと持ち上げたら、小さく開いた窓から幼虫とは少し違うものが見えました。

これは・・・そうです蛹化してました^^

最終瓶に入れ替えたのが5月1日(記事にしたのは16日ですけど)そしてカビの記事を書いたのが27日それから5日と私の予想をはるかに上回るスピードで蛹化しくれました。

でも良く考えると最終瓶に入れ替えの時が、実は蝉化していたのでは無く、蛹室を作っている最中だったのかな(汗

またしても大失態かも

でも蛹化してくれたので良しとしましょう

Dorcus hopei binodulosus
オオクワガタ(元木ホワイトアイ)
累代    :不明
産地    :不明

IMG_2106_convert_20100530214730.jpg

蛹化したてです

画像にも書いてますが、掘り掘りして一番最初に蛹を拝んだ時は顎ズレを起こしていました><

しかし、今回ばかりは掘り掘り大正解で、ちょこっと顎を動かしてこの状態まで修復しましたv(^^

あとは無事に羽化を願うばかりですが、前例もあるのでなるべく刺激を与えず羽化まで見守りたいと思います。
スポンサーサイト

まぁまぁかな

静岡オフの時にまんじさんから頂いたドルクスSP(カミジョウ)の♀が蛹化しました。

前回記事を確認すると4月上旬に記事にしており、11gの幼虫は5月上旬に蛹化してました。

そして小さい♂かもと思っていた14gの幼虫はその後暴れて11gまで体重を落とし、瓶を交換御後すぐに前蛹に突入し数日前に蛹化しました。

Dorcus kamijoi
ドルクス カミジョウ
産地:ベトナム・ダラット近郊
累代:?


IMG_2086_convert_20100526001116.jpg IMG_2085_convert_20100526001054.jpg

左の画像は11gから結構暴れて蛹化した個体です。

右の画像は14gまで伸びた幼虫で、結局♀として蛹化しましたが最終交換時の11gからほとんど暴れることなく蛹化したので左の蛹より若干大きめです。

初飼育で♀のサイズもどれ位まで大きくなるか判りませんが、我が家では大きめの♀なのでちょっとだけサイズ計測が楽しみです。

タラ男のその後

先日38gまで伸びたタラ男の記事を載せましたが、結局暴れは止まらず、瓶はグシャグシャになってしましました。

幼虫の雰囲気を見た限りではやっぱり前蛹に突入しそうな感じがしましたが、σ^^が都合良く蛹化瓶を用意している訳もなく、どうしようかと考えていました。

2L瓶はもう1本有るのでそれに投入しても良かったのですが、『どうせ暴れて体重を落とすなら簡単にできる蛹化瓶が無いかな~』と思ったその時、ウォーレスのセット用に購入していたカワラ材が余っていた事に気が付きました。

これは使えるかもと言う事で、準備したのはコバシャ小ケース

材を丸ごと1本入れ、暴れて掻きだしやすくなっているカワラマットカスをそのままコバシャ小ケースに流し込みました。

この画像はその様子ですが、既に24時間経過しています。
画像をクリックすると左から撮った画像に変わります。
IMG_2083.jpg

ちょっと判り辛いですが材を齧って潜って行った痕跡が見られます

さぁ たるさん程の実験と呼べる物では無いですが、蛹化するか材をグチャグチャにして出てくるか結果を待ちたいと思います。

カビ

ネタが無いかな~とパトロールをしていたらこんな瓶を見つけてしましました。

IMG_2090_convert_20100525231537.jpg

カビルンルンです

この瓶は先日蝉化の疑いがあった元木WEの♂なんですよね~

画像中央に何やら少し穴があいてますが、少し瓶を傾けて見ると幼虫がコロンと見えるんです。

皆さんならこの状況どう見ますか?

私は前蛹に入っているんじゃないかと思っています。

とりあえず見なかった事にしてしばらく放置する予定ですが、ここで皆さんに質問です!

このまま無事に蛹化したとして、みなさんなら今後の対応をどうしますか?

①蛹化したら掘る  ②羽化まで放置  ③今すぐ掘る  ④好きにしろ

追加回答 なんかどんどん増えてる(爆

⑤すぐ掘る!絶対掘る!!イヤでも掘る!!!(by gucchiさん)
蛹化したらね~

⑥知らんフリして寝る。(by 金さん)
↑今知らんフリして寝てる

⑦もうすでに掘り終わっている!(by たかパパさん)
まだ掘ってないですよ~

⑧既にオアシス入りで。。。
↑オアシスに空き無しでまだ入ってない^^

⑨♀でした
20gオーバーの♀はある意味怖い^^

♂が来ました

♀は3月の頭に羽化していていたのですが、遅れること2カ月と半月ようやく♂が追いついて来ました。

Dorcus tanakai
タナカコクワガタ
産地 北ベトナム・ハザン産
累代 WF1
蜜月さん血統


IMG_2091_convert_20100525230018.jpg

今回は掘り掘りしません だって マット管理なのでキノコニョキニョキも無いし、顎の形状もはっきり見えたので満足してるから

ちなみ♂のサイズは50mm近くまで大きく成るようですが、当然我が家で飼育したものですので、30mm位あればOKかなと思っています

臭い

皆さんは『これ臭いから匂いを嗅いでごらん』と言われたらどうしますか?

私は結構怖い物見たさでは無いですが、とりあえず匂いを嗅いでしまう派です。

今回はちょっとそんな話を交えてお送りいたします

幼虫が蛹になる前と言うのは♂・♀に関係なく暴れる幼虫が多いと思いますが、この種も例外では有りませんでした。

そして暴れているのを知りながら『♀だから』とそのまま放置していたのですが、ここの所の温度変化により劣化がひどく開けなきゃ良いのに菌糸瓶の蓋をあけ『クンクンと・・・いや~倒れそうになりました(爆

と言う事でこちらも救出です(笑

Mesotopusu tarandus
タランドゥスツヤクワガタ
産地:コンゴ
累代:CBF1(♂83×♀49)
割出:12月20日


IMG_2006_convert_20100519234611.jpg IMG_2008_convert_20100519234651.jpg

2頭救出して体重計測を行いましたが、どちらも13gと普通サイズ・・・ですよね?

あっ そうそう ちなみに私は匂いフェチではありません

巷の♂よりも大きい

いい加減しつこいですが、完全にネタが尽きかけているんです。

温室の中をのぞいてみても、現在セットしているのはハスタート亜種(←暇だったので再セットしてみました)と????種の2セットしかありません。

ハスタートに関してはエッグがケース側面に見えていたものの、見えていたエッグすべてが腐ってしまった。

追いかけしようにも、先日確認したら♀が★っていましたので、全く期待ができません。

????種に関しては、ショップに行ったら気になってしまったので内緒で増種をしていました。

WILD個体なのでそのままセットに投入しましたが、ケース越しにエッグが見える訳でもなく、イマイチ期待できません。

なので、採卵できなければこのまま紹介することなく消えて行く事でしょう。

幼虫飼育に関してはパプキンの幼虫が大量にいますが、その他の幼虫はと言うと全部で30頭以下となっておりネタ的には寂しい限りです。

と言う事で、本日も温度差が原因の菌糸瓶劣化による掘り掘りネタですが、羽化ネタも絡めて行きたいと思います。

Allotopus moellemkampi babai
 オウゴンオニ(ババイ)
 南ミャンマー・タニンターリ
 WF3
 DORTAKUさん血統


まずは掘り掘りネタから~
♀の体重なんて測るな なんて聞こえてきそうですが、なんせここは♀ブログ

♀を記事にしないと始まりません(爆

IMG_2012_convert_20100519230529.jpg
画クリで蛹拡大

ババィ♀初計測・・・全く判りません

でもって羽化こちらは羽化個体
IMG_2014_convert_20100519230605.jpg

ちなみに大きい方のサイズは46mmありました。

♀でこのサイズが大きいのか小さいのか判りませんが、巷ではあんなサイズこんなサイズも出ているようなので、きっと大きいんでしょう(笑

巷で極○血統と言われていますが、今回は♀3頭と言う結果に終わってしまい血統の検証ができませんでしたが、機会があれば再チャレンジしたいと思います。

やっぱり(笑

しばらく同じような記事が続きますが、カテゴリ分けの関係上1種ずつ更新させて頂きますね^^

ハスタートノコギリクワガタ(原名亜種)
産地:ソロモン諸島・ベララベラ島産
累代:CBF1
まんじさん血統


IMG_2002_convert_20100519223134.jpg
画像クリックで蛹アップ画像です。

この個体は5月14日に記事にしたばかりのまんじさん血統ブラックハスタートですが、こちらの記事で紹介した通りやっぱり短歯では無いが長歯でもない微妙な顎となっております

2L瓶投入前の体重は24.5gとまずまずのサイズでしたが、その後暴れ別の瓶に入れ替えた途端スイッチが入り蛹化したものです。

約10gのダイエットに成功ですね><

羽化サイズも60前半と言った所でしょうか。

とにかく完品羽化お願いしまーす。

本当は掘りたくなかったんだけど><

まずはこちらを紹介しないといけませんね^^

mahitaさんのプレの興奮が冷めやまぬ所ですが、mahitaさんに続いてぜんさんが2周年プレ企画を開催します。

詳細は左のお知らせからどうぞ

ぜんさんプレ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここの所の激しい温度変化に耐えきれず、菌糸瓶を確認するとキノコがニョキニョキです。

これはラッキー このままでは蛹が危ないと判断した私は、本当は掘りたくなかったんだけど久しぶりに掘り掘り作業を実施しました。

こちらは、4月5日の記事でアップしたmahitaさん印のインドアンテです。

アンテの掘り掘りは前回ガントク産(soapaさん血統)で経験していますがその時は羽化不全だった為、本当は掘り掘りしたくなかったのですが、この状態から劣化が進み、写真に収められない程となっていました。

さらにかなり異臭も放っていたので即行救出作業開始です

Dorcus antaeus
インドアンタエウス
産地:ダージリン産
累代:F5
種親:82mmの直子


羽化してるかもと期待を寄せて掘り掘りしましたが、残念ながら蛹でした。

でも無事に救出成功です

IMG_2004_convert_20100519223216.jpg
画クリで蛹のアップ画像

21gってどうなんでしょうか?

アンテの蛹は初めて計測したので良く判りませんが、良く見ると少し色付いて来ていますね^^

とにかく頂き物の大事な個体ですので、無事に羽化して欲しいです

とこの記事の下書きをしていたのが、20日の夜ですが、昨夜・・・

続きを読む

今期最後の採卵

只今我が家で一大勢力を誇るパプキンの今期最後の採卵を行いました。

パプキンと言えば今期はブラック×ブラックのブリードに始まり、ブラック×レッドグリーン×グリーングリーン×グリーンパープルと4血統をブリしました。

ちなみにブラック×ブラックとブラック×レッドは爆産、グリーン×グリーンはちょこっと採卵成功でした。

そして今回割り出しをしたのは、『まだセットしていたの』と聞こえて来そうですが、ブラック×レッドと今回初採卵となるグリーン×グリーンパープルの2血統です。

Lamprima adolphinae
パプアキンイロクワガタ

まずはブラック×レッド血統
IMG_1997_convert_20100515223822.jpg

6エッグゲットンです。

次にグリーン×グリーンパープル血統です。
IMG_2000_convert_20100515223841.jpg
13エッグゲットンです。

ブラック×レッド血統血の♀はまだ元気が有ったのですが、採卵数も微妙な数でしたし、取れたエッグも微妙だった為、今回でセット終了です。

グリーン×グリーンパープル血統は今回初採卵でしたが、♀が既に他界しており、この13エッグでの累代となります。

と言う事で今期のパプブリードは終了ですが、現在プレの当選品として飛ばす幼虫を除いてもプリンカップがまだ32個
エッグ管理しているのが、今回の採卵分を合わせても24エッグですのでまだまだ大量にいる事になります。

もう少し飛ばせそうですが、ぜんさんのプレも有るのでそちらで協賛したいと思います。

増量

先日ボトルマジックの幼虫をお見せしたばかりですが、幼虫が菌糸瓶を一周してしまい交換しないと駄目かなと言う事で瓶交換を実施しました。

ちなみに前回交換は4月24日でした。

Mesotopusu tarandus
タランドゥスツヤクワガタ
産地:コンゴ
累代:CBF1(♂83×♀49)
割出:12月20日


IMG_2001_convert_20100515223909.jpg

35gから38gへ増量していましたv(^^

でもでもこの写真はやっぱりボトルマジックだったでしょ(爆

そして只今暴れ中

絶賛蛹化中

NmP.jpg

只今当選者発表中です!

当選された方は当選表明を急げ!

実は私も当選させて頂きましたv(^^

===========================================

では早速今日のカブクワです

3月12日に早期羽化を狙って温室管理に切り替えたこの種が絶賛蛹化中です^^

Trypoxylus dichotoma septentrionalis
P8010030_convert_20090801205027.jpg ホワイトアイカブトムシ
 累代 不明
 産地 不明

 親ですよ^^





実はコバシャ中ケースに分けて入れていましたが、ウォーレスをセットする為中ケースが必要となり4頭幼虫が入っていた中ケースを1個あける為、2頭を900ブローへ残りの2頭をコバシャ小に引っ越しさせていました。

結局ウォーレスは♀がDVに会い未だセット出来てませんけどね

でもって、画像は900ブローに入れた幼虫が蛹化した物です。
IMG_1984_convert_20100513231458.jpg IMG_1985_convert_20100513231512.jpg

国カブが来ると夏がやって来たな~と言う感じです。

と言いながら温室に入れて強制的に早期羽化を狙ったんですけど^^

残りの中ケースに入っている幼虫は確認していませんが、おそらく前蛹or蛹化していると思われます。

羽化して来るとまたカサカサと賑やかになりますね

元木WEの羽化不全を報告した際『リベンジ頑張ってください』と言う声がとても多かったのが印象に残っています。

国産オオは元木WEの他に極上阿古谷の2血統を飼育していて、どちらかを累代飼育して行こうと思っていました。

ちなみに国オオと言えば1ブリーダーとしてはやはり目標80upですよね^^

そう言う意味では、元木WEは劣性遺伝であり、それに対し極上阿古谷は80upの親を持つ血統と言う事で、極上阿古谷の累代を視野に入れていたんです

しかし『リベンジ頑張ってください』と言う言葉を聞いて、イッチョ頑張ってみるかと思うようになりました。

でも実際には♂がいません

いませんと言うのは正確な表現では無いですね・・・正確には完品の♂がいません。

私の考えとしては劣性遺伝と言う事もあり、極力不全個体で累代したくありません

そうなると、期待を寄せるのは我が家に居るもう1頭の♂です。

しかしこ奴は未だ幼虫をしており、蝉化の疑いが有りました。

先日そろそろ蛹化もしくは羽化しているのでは? と言う事で掘り掘りしたら菌糸瓶中央部にスペース(蛹室では無い)を作りボケ~としている感じでした。

その後思い切り暴れ始め菌糸が若干劣化していた事も手伝い、瓶はグチャグチャとなり菌糸瓶の交換をする必要が出てきました。

もしかしたらこの交換がスイッチになるかもと言う事で早速ボトル交換を実施しました。

Dorcus hopei binodulosus
オオクワガタ(元木ホワイトアイ)
累代    :不明
産地    :不明


IMG_1840_convert_20100501114422.jpg

色は良い感じで本当にそろそろと言った感じです。

お願いだからこのままスイッチ入ってonegai01t.gif

2本のつもりが

かっつさんからブラックパプキンと一緒に飛んできたビソンノコの幼虫5頭ですが、3月6日に菌糸瓶に投入し約2カ月が経過しました。

菌糸瓶をチェックした所、♂と思われる瓶がかなり喰いあがって来ましたよ。

IMG_1988_convert_20100513231528.jpg

暇だったそろそろ交換時期かなと思ったので早速交換です。

Prosopocoilus bison cinctus
ビソンノコギリクワガタ
産地:イリアン(現パプア州)・マピア島
累代:CBF2
10月下旬孵化
かっつさん血統


実はこの2本のみ瓶交換予定だったのですが、出てきたのが9gと6gの幼虫・・・あれまた判別ミスしたかなと思いつつ、予定外でしたが♀と思い800に投入していた菌糸瓶も瓶交換する事にしました。

だって♂がいるかも知れないから(爆

続きを読む

短歯では無いが長歯でもない

mahitaさんのプレゼント企画にて私の協賛品に応募して頂いた皆さん本当にありがとうございます。
発表までもう少しで待ち遠しいですが、きっと今頃mahitaさんも集計、抽選と頑張っていらっしゃると思いますので、もうしばらくお待ちくださいね^^

業務連絡
賞品番号17のスマトラヒラタに関し、σ^^のブログ上で告知した内容と若干変更があります。
変更内容は当選者様に連絡させて頂きますので御理解よろしくお願いします。

ではでは本日のカブクワです

先日のババイ♀羽化ネタに続き嬉しい蛹化ネタです。

し・か・も・今回は

ハスタートノコギリクワガタ(原名亜種)
産地:ソロモン諸島・ベララベラ島産
累代:CBF1
まんじさん血統


IMG_1903_convert_20100509221051.jpg

この♂最終交換はデータを見ると3月17日なのですが、2Lに入れたにも関わらず暴れ、しかも菌糸と瓶の蓋の間に居ついてしまったので別の瓶に引っ越しさせていました。

最終交換時は24.5gだったのでサイズはあまり見込めませんが、菌糸瓶にできた窓から見た感じでは我が家で羽化するハスタートに多い短歯では無かった様です。

かと言って長歯でもなかったですけど^^

とにかく無事に羽化してくれる事を祈りたいと思います。

ホントに極小血統?

締切は本日 20:00までです!
何に応募するか迷っているそこのあなた 早くしないと応募終わっちゃいますよ
早速訪問&応募して盛り上がっちゃいましょう
       アクセスは下のバナーからどうぞ
NmP.jpg





テンションは相変わらず低迷したままですが、比較的涼しい時は電源OFF、クーラーが稼働している時は別の部屋でねると言う方針で今期は行くことを決めたのでなんとなく気が楽になりました。

一応騒音対策はしますけどね^^

色々大変な事が有ったりしてますが、そんな中、先日のニジ♀に続いてこちらも羽化して来ました。

オウゴンオニ(ババイ)
南ミャンマー・タニンターリ
WF3
DORTAKUさん血統


IMG_1902_convert_20100509221030.jpg

最近巷で有名な極小血統です。

でもD様の所では70UPの個体やイケメン君が羽化している様なので、やっぱり飼育環境と腕じゃないかな~と思っています。

この個体はまだ掘りだしていませんがおそらく♀だと・・・これが♂だったらチビギネス取れるかも(笑

でもあれには敵わないかも知れないな

そして最後の幼虫も蛹化して来ました。

IMG_1983_convert_20100512000606.jpg

実は♂だったらと結構びくびくしていたのですが、見た所♀の様です。

3♀確定ですが、極小♂を出すよりかは良いっしょ^^

このサイズで♂だったらと思うとga-n03.gif

4:00

締切は12日 20:00までですよ!
何に応募するか迷っているそこのあなた 早くしないと応募終わっちゃいますよ
早速訪問&応募して盛り上がっちゃいましょう
       アクセスは下のバナーからどうぞ
NmP.jpg




メーカー対応が早く、故障したクーラーの代わりの新しいクーラーが日曜日に届きました。

新しいと言っても、1世代前のデジタル式のクーラーでおそらく修理品だと思われます。

まぁ故障した場合はしばらく対応してくれる様なのでOKとしてます。

クーラーの届いた時間が早かったので、騒音対策をあれこれ考えとりあえず処置を施しました。

しかし昼間は生活音や車の音などが有る為効果がイマイチ判らず、とりあえず日曜日の夜もクーラーの電源を入れたまま寝ました。

今の時期なら寝る時は21~22度位まで温度が下がるので、温室の扉を開けて寝ればクーラーが稼働する事もないのですが、防音対策の効果確認などをしている関係上そう言う訳にも行かず、温室の扉は閉じたままにしています。

その為やはり寝ている間にクーラーは動いている様なのです。

動いている様?

そうなんです動いた時に目が覚める時と覚めない時が有ります。

睡眠にはレム睡眠ノンレム睡眠と呼ばれるものがあり、睡眠が深いレム睡眠の時は気にならず寝ているようですが、睡眠が浅いノンレム睡眠の時は目が覚めてしまうようです。

その結果今回はAM4:00に目が覚めました

騒音対策の効果はほとんど無く、さらにそれからずっと音が気になり・・・コンセント抜いちゃいました><

もう少し頑張ってみるつもりですが、やっぱり規模縮小飼育にするのが無難かなと思っています。

故障したワインセラーのペルチェユニットも残っていますし、また自作温室でも作るかな~

それともワインセラー購入?

とりあえず、今週末にもう少し騒音対策をするとして、昼間はクーラー稼働 寝る時は電源カットで対応したいと思います。

では今日のカブクワです

次世代のニジイロが羽化して来ました。

Phalacrognathus muelleri
ニジイロクワガタ
産地:クィーンズランド産
累代:CBF1


IMG_1901_convert_20100509221014.jpg

♀ですがやっぱり羽化は嬉しいですね^^

相変わらずですが・・・

締切が近づいて来ました。
成虫から幼虫、♂単や♀単など盛りだくさんです。
応募しないと当選のチャンスも有りませんので、
早速訪問&応募して盛り上がっちゃいましょう
       アクセスは下のバナーからどうぞ
NmP.jpg




先日は激励の言葉や今後の飼育方法に関するのご意見など本当にありがとうございましたゴメン

こんな私でも感動する事が有るんです

頂いたコメントを本当にありがたく読ませて頂きました。

皆さんの温かい気持ちに本当に支えられてます。


テンションは未だ下がりっぱなしですが、とりあえず先の事は先の事として考え『完全撤退』は考えない様にしています。

現在は・・・現状維持に向けて交換修理となった温室用クーラー(音は変わりません)に騒音対策を施している所です。

しかし効果は寝てみないと判らない・・・とりあえず、今晩寝てみて駄目ならもう少し騒音対策などを頑張ってみるつもりです。

がんばれ俺




と言う事でいつものカブクワです

テンションは下がっていてもカブクワ性達の世話はしないといけません^^

前回のセットで3エッグしか産まなかったパプキン(ブラック×ブラック)の割り出しを行いました。

IMG_1900.jpg

♀はもうヘロヘロでこれ以上は無理だろうと言う事で今回で最後の採卵です。

たかパパさんからブラック♂、かっつさんからブラック♀が飛んで来て次世代に繋げると言うプレッシャーの掛るブリードでしたが、何とか子孫も残す事ができ思いのほか楽しんでブリードする事が出来ました。

貴重な個体を提供して頂いたお二人に本当に感謝です。

またブラックペアには沢山の子孫を残して頂き本当に感謝です。

T.N.K.血統として累代を続けて行きたいと思います。
Lamprima adolphinae
パプアキンイロクワガタ
♂ブラック ♀ブラック(T.N.K.血統)

初 テンションダウン

現在飼育歴6年目に突入ましたが、5年と数カ月カブクワ飼育のテンションがガタ落ちした事が無かったと言うのが、ある意味私の自慢でした。

私の飼育テンション維持方法はズバリ大量増種をしないです。

増種自体はテンションを上げる効果はありますが、私の場合一気に増種して上げたテンションは持続が難しく後は下がるだけになってしまいます。

これを防ぐために、飼育種の飼育を1サイクル、2サイクルと楽しみ適当な所で撤退(ブリ失敗による撤退も有りますが)1種撤退したら次の種を購入する を基本的に繰り返して来ました。

あっ ニジイロの様に飼育当初から累代を重ねて来た種もいますよ

真剣に飼育するものは累代飼育を続け、なんとなく増種したものに関しては撤退する。

これを繰り返す事で 『こいつの累代飼育が終われば次は何を増種するかな』など考えるのも楽しくなります。

人の性格は十人十色、同じ方法を取ったからと言って必ずしもテンションの維持ができるとは限りませんし、上記内容はあくまで私のテンション維持方法なので皆さんにマッチするとは限りませんが、テンション維持が難しいと感じる事が多い方は一度試してみてください。

増種する時は減種するこれが基本です!

そんな私がテンションになってしまいました。

続きを読む

順調 順調!

昨日はバンダエンシス唯一の♂が黒子ちゃんになってしまいましたが『もしかしたら他にもやばい個体が居るかも』

と言う事で成虫に関してだけですが、ゼリー交換を兼ねて確認しました。




とりあえず他に★になった個体はいませんでした 一安心です

しかし今後も急に気温が上がる事が想定されるので、かなり早いですが温室用エアコンのスイッチを入れないと駄目かな~と思う今日この頃です

では今日のカブクワです

Mesotopusu tarandus
タラントゥスツヤクワガタ
タランドゥスツヤクワガタ
産地:コンゴ
累代:CBF1(♂83×♀49)
割出:12月20日


♀2頭が蛹室を形成しました。

IMG_1832_convert_20100501003847.jpg IMG_1833_convert_20100501003828.jpg

前回交換したのは4月14日 左の幼虫は交換後少し走って前蛹に突入しましたが、右の幼虫は暴れ回りつい最近前蛹に突入しました。

実は右の幼虫は瓶を交換するかしないか迷っていたのですが、そのまま前蛹に突入してくれたので何とか瓶を1本無駄にしなくて済みました。

まぁ中途半端にボトルが余っているんですけどね^^

続きを読む

黒子

予定通り3日~4日に掛けて旅行して来ました。

ディズニー渋滞とアクアライン渋滞を考慮し、東名 ⇒ 首都高(都心環状) ⇒ 京葉道路 を経由して今回の目的地生命の森リゾートに向かいました。

途中若干のが有った事と、予想よりも早く着きそうだったので花輪ICで降り下道で向かう事にしました。

ナビ頼みで走っているので実は自分が何処を走っているのか全く分かっていなかったのですが、いつの間にか幕張にでました

幕張と言えば幕張メッセが有名ですが、アウトレットモールも有るんですよね~

前回の御殿場アウトレットは滞在が1時間位でまともに見て回る事が出来なかったので、今日特に予定が無かった事もあり、三井アウトレットモールに立ち寄る事にしました。

アウトレットと言っても元が高い物が多いのでやっぱり高いです。

普段から 激安 手頃な価格の洋服などを購入しているσ^^には、なかなか手が出なかったですが、ちょっとした掘り出し物もあり、良い買い物をして来ました。

当然虫じゃ~無いですよ(爆

結局昼食もここで済ませ、のんびり買い物をしたのち目的地に向け出発しました。

目的地に到着したのは15時40分頃で、チェックインしたのは16時頃でした。

そう言えば結局ターザニアはできませんでした

現地スタッフに聞いた所、3カ月前から予約ができ、大体2週間前には予約を入れないと難しいと言う事です。

次回は情報もゲットしたので、しっかり予約をとりリベンジしたいと思います

ちなみに今回宿泊したのはこんな所です。

IMG_1856_convert_20100504222529.jpg IMG_1858_convert_20100504222559.jpg
            IMG_1861_convert_20100504222623.jpg

写真は無いですが、あと8畳の部屋とキッチンが有りました。

なかなかこう言う所に泊まることがないので結構楽しめました

2日目は千葉 こどもの国へ行って来ました。

目的は・・・釣りです(爆

普段から子供達は釣りがしたいと言っていたのでね

自分が小学生の頃は友達と自転車に乗ってブルーギルザリガニを釣りに行った物ですが、自宅の近所には釣りができそうな池が無かったり、親が子供だけでは行かせられないと言う事でなかなか行けないようです。

そのおかげで親が一緒に行くことが多い為か、親が一生懸命段取りをする事になり、何もできない子供が多い様な気がします。

まぁ我が家の子供達も基本的に一緒ですけど・・でもエサ位は自分で付けろよな

と言う事でエサは自分で付けさせました

IMG_1868_convert_20100504222739.jpg

そして本日の釣果これだ 1.

その他にはバンジー・トランポリンなる物をしたりなかなか充実した1日でした。
IMG_1886_convert_20100504222831.jpg  IMG_1887_convert_20100504222857.jpg

帰りはかなりの渋滞が予想されましたが、思いのほか渋滞を回避するルート選択が功を奏し、予想よりも30分早い3時間30分での帰宅でした

今回も相変わらずの無計画旅行でしたし、GWと言う事もありどこも混んでいて大変でしたが、子供たちの喜ぶ顔が見れて大満足の旅行でした

と言う事で長~い記事ですが、今日のカブクワです。

続きを読む

協賛品 第2段

お待ちかねmahitaさんのプレ企画応募受付が始まってますよ~
成虫から幼虫、♂単や♀単など盛りだくさんです。
競争率は高いと思いますが、応募しないと当選のチャンスも有りませんので、
早速訪問&応募して盛り上がっちゃいましょう
       アクセスは下のバナーからどうぞ
NmP.jpg

と言う事で、昨日の成虫セットに引き続き本日はパプ幼虫セットの紹介です。

まずはこちら
Lamprima adolphinae
パプアキンイロクワガタ
ブラック×ブラックの幼虫3頭

♂親はたかパパさん(白三さん血統)に
♀親はかっつさん(こもちししゃもさん血統)に頂き、
当家でブリして得られた子になります。
左画像の大きい方が♂親、右画像が♀親になります。
IMG_1325_convert_20100214100617.jpg IMG_1370_convert_20100221144103.jpg
以前どなたかのブログで別血統のWWとWWを掛けた所黒目の子が羽化して来た事があったそうです。
もしかしたら今回も別血統同士の子になるのでブラックがでる保証は有りませんがそこはパプキン!
何色が羽化して来るか楽しんで頂ければ思います。

次に
Lamprima adolphinae
パプアキンイロクワガタ
ブラック×レッド(レッドはグリーン×パープルの子になります)の幼虫3頭

♂親はブラック×ブラックの♂と同じで、♀親はgucchiさん(itarumegさん血統)に頂いた幼虫を羽化させた物になります。
♀の画像になります。
IMG_1785_convert_20100422223318.jpg
真っ赤では無いですが、かなり良い色が出ていると思います。

そして今おまけとして考えているのは
Lamprima adolphinae
パプアキンイロクワガタ
グリーン×グリーンの幼虫3頭

左画像が♂の親画像で、右の画像が♀の親画像です。
IMG_1304_convert_20100207220052.jpg IMG_1790_convert_20100422223340.jpg
♂はモスグリーン、♀はパーフェクトなグリーンでは無いですが、こちらも次世代期待できると思います。

このパプ2血統または3血統を1名の方にプレゼントです。

以上 mahitaさんプレ企画の協賛品の紹介でした。。応募あると良いな~

本日帰宅しますが、訪問する元気しか残って無いと思うので本日もコメントオフとさせて頂きます。
明日からは通常営業予定です(爆

協賛品 第1段

さてお待ちかねmahitaさんのプレ企画の応募受付が始まりますよ!
魅力的な種や爆撃セットなど盛りだくさんです。
競争率は高いかも知れませんが、応募しないと当たりませんよ~
と言う事で早速訪問&応募して盛り上げて行きましょう
       アクセスは下のバナーからどうぞ
NmP.jpg

と言う事で、ネタの谷間でもありますので協賛品の紹介でもしたいと思います。

まずは成虫セットの紹介です

初めにスマトラヒラタ即ブリペアです。
Dorcus titanus Sumatra
 スマトラヒラタ
 産地:スマトラ島・ベンクール
 累代:WF1


IMG_0459_convert_20091014211050.jpg
 幼虫体重で38g、蛹体重で27g
 だったスマトラヒラタです。
 きちんと計測はしてませんが、
 85mmは有ったと思います。
 最大計測&素人計測なので、
 サイズダウンはご容赦願います。
 クリックで画像拡大


続いてパプキントリオです。
パプキンはやはり室内撮影では色を上手く伝えることができないですね~
Lamprima adolphinae
 パプアキンイロクワガタ
♂ グリーン血統 
IMG_1769_convert_20100420225938.jpg
 写真の個体はイマイチな色で
 羽化して来ましたが、
 兄弟ではモスグリーンが出ており、
 期待できる血統と思われます。
 顎もしっかりしていますよ^^



グリーン血統
IMG_1783_convert_20100420230045.jpg
 実物はこんなにグリーンではないですが、
 それなりに綺麗なグリーンをしています。
 グリーン同士を掛け合わせると・・・
 どんな色が出てくるかお楽しみです♪




グリーン×パープル血統
IMG_1781_convert_20100420225959.jpg
 グリーン血統とほぼ同系色ですが、
 兄弟ではレッドが出ています。
 こちらもグリーンと掛け合わせると
 どんな色が出てくるか
 楽しめる血統だと思います。



以上のスマトラPrとパプキントリオを1名の方にプレゼントします。

あっ そうそう 希望者にはB品ですが
スマトライダー(90up個体)をお付けいたします!

続いて幼虫セットの紹介ですが続きは明日と言う事で!!

本日は旅行中でネット環境が無い為訪問・コメ・コメ返ができません
なのでコメントはオフさせて頂きます。

さよなら

もう 終わりだね ネタが尽きかけている

ぼくは思わず前蛹の 写真を撮った・・・

IMG_1843_convert_20100501120500.jpg

サヨナラ サヨナラ サヨナラ ・・・ 

もうすぐ君は蛹になる

欲しかったのは ホントは♂だけ

60upの♂だけ~

Phalacrognathus muelleri
ニジイロクワガタ
産地:クィーンズランド産
累代:CBF1

続きを読む

♀ですが。。。

GW3日目ですが、何事もなく1日1日を消化しています。

一応旅行の予定は有りますが、3日~4日に掛けてなのでもうしばらく暇な日が続きそうです。

息子たちを連れて広場のあるにでも行くかな~

ではネタが本当に無くなって来ましたが、今日のカブクワ行ってみよう

先日カナモリカブトの掘り掘り記事を書き、無事に2♂2♀の羽化が確認できました。

その際♀1頭だけ羽化しておらず、人工蛹室に入れていたのですが先日無事に羽化して来ましたよ^^

さすがトイレットペーパーの芯でできた人工蛹室でも無事に羽化して来る種ですね~(爆

Trypoxylus kanamorii
カナモリカブト
累代 F3
産地 ミャンマーサガイン産
MAXさん血統


IMG_1813_convert_20100430221817.jpg

おそらく羽化したてでまだ体中が柔らかいと思うので起こさずこのまま撮影しました。

起き上がれずこのままはないですよね
プロフィール

なおはる

Author:なおはる
現在飼育している成虫を持って完全撤退します。
いままで本当にありがとうございました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
更新情報
虫友さんのリンク
うさ友さんのリンク
お友達リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。