スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り合えずセットして見るか

ちょっと古い記事にさかのぼりますがどこかのブログでもアップされてたんですが、我が家でも同じ様な・・・いやさらに酷い♂が羽化して来てます。

45.jpg

Cyclommatus elaphus
エラフスホソアカクワガタ
産地:インドネシア スマトラ島
累代:WF2


俗に言うハサミムシです(汗

サイズは45mmと悲惨な結果

エラフスは幼虫で結構な数を抱えていたんですが、完全に♀に偏りさらに数少ない♂も蛹で落ちたり、羽化した♀も落ちたりと現在手元に残っているのは1♂3♀

でもギリギリの所でブリードチャンスを与えられました。

♂も♀も後食を開始しているので、ペアリングそしてセットを組んでみようと思っています。

幼虫が取れたとしても飼育するか判らないですけどね^^

さぁ がんばんべ
スポンサーサイト

ん~

タイワンシカクワガタの記事でも書いてた通りエラフスの交換に実施しました。

このエラフスは今期70UPを目指すべく初令でカラワに入れてたのですが、餌食いの状態と成長具合が明らかに悪い。

しかも食痕の着いてないボトルも数本あって、既に敗戦モードに突入してる感じです。

Cyclommatus elaphus
エラフスホソアカクワガタ
産地:インドネシア スマトラ島
累代:WF1


あまりの…さに写真を撮る気にもなれずorz

一応交換結果だけ書くと交換したボトルは17本

ウチ菌糸瓶を飼育していたのが8本

残りの9本については2♂7♀と言う結果でまたもや♀に偏り中です。

飼育数がかなり減ってしまったんですが、販売用に残していたのが少しいたので、こちらを補強して飼育する事にしました。

もうちょっと♂の割合が増えると良いんですけどね~

××○

カブクワの前に。。。事の始まりはこの記事(←クリック)

喰いつく所はムシの方じゃ無くて写真が3つ並んでる内の缶ビールらしきもの写真

イ○ン系列店で売られてる発砲性のリキュールです。

もともと晩酌はほとんどしない人なので、飲んでも1日350mlを1本程度だったと言う事もあり、贅沢にも第2第3のビールでは無くビールを飲んでいたんです。(たまにEB○SUなんかも飲んでましたよ)

所が昨年辺りから会社の状況はあまり良く無く、残業0と言う月が度々ありそうなると管理職で無い人には良く判りますよね・・・そのまんま給料に反映される訳です

数か月前までは騙し騙しビールを飲んでいたんですが、ついに私もこの発砲性のリキュールに手を出しちゃいました。

だってビール1ケース4000円としても、この発砲性のリキュールは2ケース買っても4000円でお釣りが来ますからね^^

味もそんなに悪く無い さらに糖質50%オフと体に優しい・・・貧しさに負けた感は有りますが、今後これが定番になりそうです。

        IMG_5236_convert_20121007233822.jpg

先日はエラフスの割り出しを行いましたよ~

今期は3♀体制で臨みましたが、順調に取れてるのは1♀からのみ今回の割り出しもそんな空気が流れてました。

Cyclommatus elaphus
エラフスホソアカクワガタ
産地:インドネシア スマトラ島
累代:WF1(ニョロ・エッグはWF2)


セットはこの3つ ぜ~んぶコバシャ小です(笑

IMG_5231_convert_20121006210743.jpg

ではまず1つめ

材を持ち上げると産卵痕?が見えます。

IMG_5232_convert_20121006210332.jpg

マットと削りカスをチェックして行くとエッグを発見しました。

その後ニョロとエッグを少し回収できましたが

IMG_5233_convert_20121006210359.jpg

結果はショボイ結果次に期待しましょう^^ゞ


続いて2つめ ちなみにこちらも期待薄のセットです(苦笑

画像は有りませんが、やはり産卵痕と思われる跡がありました。

1つめのセット同様マットと削りカスをチェックしたところ

IMG_5234_convert_20121006210437.jpg


これまたショボイ結果

そして最後のセットはニョロが2頭ほど見えてるので余裕の割り出しです。

セットをひっくり返し、マットを確認するとそこそこ育ったニョロ発見^^

でも出て来たニョロは予想よりも少ない5頭のみ

あ~このセット駄目か~って思った瞬間エッグがコロンコロンと出て来ました。

こりゃもしかして・・・とマットと削りカスをチェックして行くと・・・

続きを読む

つづき

先日にに引き続きエラフスの割り出しを実施しました。

セットはこんな感じになってます・・・

IMG_5149_convert_20120826233232.jpg

って分からないですよね^^ゞ

前回の記事でも少し紹介しましたが、セット内容は
1.コバシャ小ケースに5cm位マットガチ詰め
2.その上に1cm位フワッとマットを被せる
3.柔らかい材を長さ10cm位になる様に端っこをカット
4.切った材をさらにかまぼこ型にカット
5.フワッっと被せたマットの上に材を並べて置く
6.材が隠れるまで少し固めにマットを詰める

って感じです。

前回のセットは産卵痕は有りましたが、幼虫が取れず苦汁を味わいましたが、今回のセットは幼虫が見えていたので安心割出しです。

セットをひっくり返すと・・・

続きを読む

飼育難関種

前期は短歯のオンパレードで雄姿が見れなかったエラフスホソアカですが、せめて70upの雄姿が見たいと思い今期も幼虫飼育します。

その為にはまずブリードを成功させ無ければなりませんよね

ブリードに関しては、大歯型であればあの顎の形状ですからチョンパの心配はないと思います。

でも短歯はニッパの様になってますから注意が必要です。

私はチョンパ対策をして1週間同居させました。


所で皆さんはエラフスの産卵形態ってどんなのか知ってます?

まぁ私も場数を踏んでるのではないので、偉そうなことは言えませんが材産みとはちょっと違うと感じてます。

でもマット産みでもない・・・

じゃぁ何?って感じですが、私のセットを説明すると

コバシャ小ケースに産卵マット(微粒子)を底3~4cm位ガチ詰めにして、ふわりとマットを5mm~10mm位被せます。

その上にカマボコカットした柔らかめの材を置きます。
(ふわっと置いたマットは材とマットをなじませるのもの)

そして材が隠れる位少し押し固めながらマットを入れ、転倒防止の材とゼリーを入れてセット完成です。

すると昨年はガチ詰めしたマットと材の間に産卵していました。

材の表面を削り取り産卵、削り取った材とマットで埋め戻して産床を作る感じです。

材の表面に産むのではなく、また材に穿孔する訳でも無かったです。

ちなみにマットにも産んでませんでした。

そんな感じで昨年はワイルドから20匹位の幼虫が得られました。


そして今年は・・・・

続きを読む

プロフィール

なおはる

Author:なおはる
現在飼育している成虫を持って完全撤退します。
いままで本当にありがとうございました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新情報
虫友さんのリンク
うさ友さんのリンク
お友達リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。