羽化したんですけど

私が飛ばした幼虫で体重が28gまで伸びたとか、同血統の兄弟から取れた幼虫が30gまで伸びたとか聞いた元木WEの中でも大型血統なのですが、我が家でも今期一番体重が乗ってました。

MAX時22gですが・・・

その個体が今期一番大きく羽化して来ました。

でも・・・

Dorcus hopei binodulosus
オオクワガタ(元木ホワイトアイ)
累代    :不明
産地    :不明


IMG_2410_convert_20100701000730.jpg

羽収納できず・・・orz

しかもバカになっとりますnaku01.gif


ブリードには支障ないと良く言われますが、私のポリシーとしてはなるべく不全個体は種親に使用しないと言うのが有ります。

あちこちに幼虫を飛ばし1♂3♀残した筈が、完全に雌雄判別を見誤り2♂2♀として羽化し、その2♂ともが不全したと言う事は、劣性遺伝の他にやはり何かが有ると思われるんですよね

そう言う血統だからこそ、劣性因子を少しでも多くしたく無いと思うんです。

なので非常に残念ですが、この血統はここで累代を終了したいと思います。

でも種親がまだ生存しているので、これからセットしてみようかなと思っています。

追い掛けが出来ないので産卵するかは判りませんが・・・。

ちなみにサイズはまだ縮むと思いますが現在73.5mm有りました。

でも見事なフォルム・・・やっぱり累代するかな~

あれ(驚

とりあえず蛹化まで放置する事を決めていた元木WE最後の♂ですが、相変わらずカビ具合が酷くて瓶をヒョイっと持ち上げたら、小さく開いた窓から幼虫とは少し違うものが見えました。

これは・・・そうです蛹化してました^^

最終瓶に入れ替えたのが5月1日(記事にしたのは16日ですけど)そしてカビの記事を書いたのが27日それから5日と私の予想をはるかに上回るスピードで蛹化しくれました。

でも良く考えると最終瓶に入れ替えの時が、実は蝉化していたのでは無く、蛹室を作っている最中だったのかな(汗

またしても大失態かも

でも蛹化してくれたので良しとしましょう

Dorcus hopei binodulosus
オオクワガタ(元木ホワイトアイ)
累代    :不明
産地    :不明

IMG_2106_convert_20100530214730.jpg

蛹化したてです

画像にも書いてますが、掘り掘りして一番最初に蛹を拝んだ時は顎ズレを起こしていました><

しかし、今回ばかりは掘り掘り大正解で、ちょこっと顎を動かしてこの状態まで修復しましたv(^^

あとは無事に羽化を願うばかりですが、前例もあるのでなるべく刺激を与えず羽化まで見守りたいと思います。

カビ

ネタが無いかな~とパトロールをしていたらこんな瓶を見つけてしましました。

IMG_2090_convert_20100525231537.jpg

カビルンルンです

この瓶は先日蝉化の疑いがあった元木WEの♂なんですよね~

画像中央に何やら少し穴があいてますが、少し瓶を傾けて見ると幼虫がコロンと見えるんです。

皆さんならこの状況どう見ますか?

私は前蛹に入っているんじゃないかと思っています。

とりあえず見なかった事にしてしばらく放置する予定ですが、ここで皆さんに質問です!

このまま無事に蛹化したとして、みなさんなら今後の対応をどうしますか?

①蛹化したら掘る  ②羽化まで放置  ③今すぐ掘る  ④好きにしろ

追加回答 なんかどんどん増えてる(爆

⑤すぐ掘る!絶対掘る!!イヤでも掘る!!!(by gucchiさん)
蛹化したらね~

⑥知らんフリして寝る。(by 金さん)
↑今知らんフリして寝てる

⑦もうすでに掘り終わっている!(by たかパパさん)
まだ掘ってないですよ~

⑧既にオアシス入りで。。。
↑オアシスに空き無しでまだ入ってない^^

⑨♀でした
20gオーバーの♀はある意味怖い^^

元木WEの羽化不全を報告した際『リベンジ頑張ってください』と言う声がとても多かったのが印象に残っています。

国産オオは元木WEの他に極上阿古谷の2血統を飼育していて、どちらかを累代飼育して行こうと思っていました。

ちなみに国オオと言えば1ブリーダーとしてはやはり目標80upですよね^^

そう言う意味では、元木WEは劣性遺伝であり、それに対し極上阿古谷は80upの親を持つ血統と言う事で、極上阿古谷の累代を視野に入れていたんです

しかし『リベンジ頑張ってください』と言う言葉を聞いて、イッチョ頑張ってみるかと思うようになりました。

でも実際には♂がいません

いませんと言うのは正確な表現では無いですね・・・正確には完品の♂がいません。

私の考えとしては劣性遺伝と言う事もあり、極力不全個体で累代したくありません

そうなると、期待を寄せるのは我が家に居るもう1頭の♂です。

しかしこ奴は未だ幼虫をしており、蝉化の疑いが有りました。

先日そろそろ蛹化もしくは羽化しているのでは? と言う事で掘り掘りしたら菌糸瓶中央部にスペース(蛹室では無い)を作りボケ~としている感じでした。

その後思い切り暴れ始め菌糸が若干劣化していた事も手伝い、瓶はグチャグチャとなり菌糸瓶の交換をする必要が出てきました。

もしかしたらこの交換がスイッチになるかもと言う事で早速ボトル交換を実施しました。

Dorcus hopei binodulosus
オオクワガタ(元木ホワイトアイ)
累代    :不明
産地    :不明


IMG_1840_convert_20100501114422.jpg

色は良い感じで本当にそろそろと言った感じです。

お願いだからこのままスイッチ入ってonegai01t.gif

やっぱり難しい

最近羽化不全や蛹化不全、羽化前に★さらにはDV記事などテンションを記事が多いσ--のブログです。

ここ数日は羽化ネタやタラ♂幼虫の発見ネタなどで気分もにしたかったのですが、今日もなネタでございます。

移るかも知れないので、立ち去る人は読む前にしてください。

じゃあ記事にしなきゃ~良いじゃんとも思いますが、自分への戒めも込めて記事にしたいと思います。

それでは今日のカブクワです・・・

この個体は、昨年5月に孵化し、6月に1本目(?g)投入、8月に2本目(8g)に交換、9月に3本目(10g)に交換しました。

3本目の交換はちょっと早く、プレ企画に幼虫を出す為ちょっと強引に交換した記憶が有ります。

この時10gの体重と頭幅からなんの迷いもなく♀と判断していました。

瓶交換後は最初に食痕は付いたものの、いつの間にかその食痕も菌が再生し全くと言ってよいほど幼虫の動きが見られなくなりました。

それから月日が流れ今年の2月 さすがに菌糸瓶の劣化も目立つようになり、★っているならスペース確保の為、生存していいれば最終交換のつもりで掘り掘りしました。

羽化しているかもと言う期待も有りました。

しかしこの掘り掘りのタイミングが悪かった><

蛹室が完成し前蛹状態になったばかりと言う状況で蛹室を壊してしまったのです

状況としてはちょっと大きめの窓を開けてしまった感じだったので、ダミーの蓋をしてとにかく蛹室にとどまってくれることを期待したのですが、結局別の場所に移動し蛹室を作り直しそのまま蛹化しました。

その蛹は以前記事にした顎ズレ君です。

そしてこの蛹が先日羽化して来ましたが結果は最悪でした

まずは目の色と顎の状態です。
IMG_1800_convert_20100425201644.jpg IMG_1801_convert_20100425201714.jpg

しっかりWEをしていますが、顎はかなり内側に入り込んでいる感じです。

しかも顎の開き方は左右でバラバラでしたorz

そして・・・

続きを読む

プロフィール

なおはる

Author:なおはる
現在飼育している成虫を持って完全撤退します。
いままで本当にありがとうございました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新情報
虫友さんのリンク
うさ友さんのリンク
お友達リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる